FAQ

よくある質問
  1. よくある質問

ご予約・お問い合わせ

050-3736-2778

050-3736-2778

Q1

どのような方からのご相談の実績がありますか?

A

弊事務所をご利用される方の多くが「二次相続の対策」のご相談でいらっしゃる女性です。
二次相続とは、配偶者に先立たれた方のことです。そのため、弊事務所にいらっしゃる方の相続人は「お子様だけ」の方や「ご兄弟だけ」の方です。また相談をお申し込みいただくのは、ご本人よりもお子様や甥御様・姪御様がほとんどです。

Q2

ウチは相続税が掛からないから、相続対策は必要ないと思いますが…。

A

当事務所では以下のように考えています。
「相続対策」については2点あります。
1点目は「財産を確実に次の世代に引き継げるようにする」こと。
2点目は「ご本人様が相続を迎える日までの間、キチンと生活でき、有意義な人生を過ごせる」こと。
また、「相続税対策」についても2点あると考えます。
1点目は、「相続税の納税額」がなるべく少なるようにすること(いわゆる節税)。
2点目は相続税の納税が必要になった場合、「納税するための現金」を確実に準備できること。
以上を踏まえた上で、相談が必要かどうかご検討ください。

Q3

ウチに来てもらえますか?

A

はい、基本的にはご相談者様が指定する場所、できればご自宅にお伺いしたいと考えております。
理由は2つあり、日頃の生活環境を確認させていただきたいという点と、お客様が当事務所に来訪するまでの間に大切な書類などを紛失される心配がないようにという点です。
なお、訪問した時にお預かりする書類は、コピーでお渡しください。
原本はなるべくお預かりしなようにしたいと考えております。

Q4

ウチに来てくれるのは有り難いのですが、交通費は?

A

山手線沿線やメトロ沿線(都内に限り)、京王線沿線に限り交通費はいただきません。
その他の場所ですと、実費で交通費を申し受けます。

Q5

お会いする回数はどれくらいですか?

A

お会いする回数は特に制限を設けていません。
「一度お会いして、後はメールで」というご依頼にも、もちろん対応いたします。

Q6

税理士・司法書士・弁護士などの手配は、自分でするのですか?

A

当事務所では、提携している税理士や司法書士が多数おり、弁護士のご紹介も可能です。
もちろん、ご自身で各士業者を手配いただいても構いません。

Q7

相談以外に、どのような成果物を提供してもらえますか?

A

事前にご相談の上、お客様のご要望に応じてお作りいたします。
弊事務所でお作りするのは「ライフイベント表」と「現状のキャッシュフロー表」、「改善後のキャッシュフロー表」、「資産状況表(金融資産と不動産の一覧)」、そして、それらに対する「分析したレポート」です。
レポートには、「何をどうするべきか」、あるいは「何をどうしたら良いのか」、「何もしなかった場合、○年後には、どういうことが想定されるのか」、「何もせずに相続を迎えた場合、どんなことが起こり得るのか」などを記載します。もちろん、お客様によっては「現状のままで十分です」という方もいらっしゃいます。

Q8

講師を依頼するに当たり、報酬は?

A

以下、これまでの実績を例としてご紹介します。
ご依頼主(クライアント)が企業様の場合、その目的が販促(営業や販売のスキルアップやモチベーションアップ、ノウハウの取得)ですと、1時間当たり10万円となり、1回2時間から承っています。
また、ご依頼主(クライアント)が士業者で、勉強会の場合ですと、1回当たり2時間5万円となります。
ご依頼主が自治体やPTA、マンション管理組合などの非営利的な団体ですと、1回当たり1万~2万円の範囲で承っています。

Q9

執筆を依頼するに当たり、報酬は?

A

これまでの実績で申し上げますと、1,000字当たり、1万円を目安にご検討いただきたいと思います
なお、ご依頼主(クライアント)が非営利団体の場合は個別に検討いたしますので、ご相談ください。

Q10

金融商品や保険を提案されることはありますか?

A

ご希望があれば提案いたしますが、ご不要であれば提案はしません。

お問い合わせ・ご予約はこちら

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

Page Top